アーカイブ

投稿者のアーカイブ

少し春を感じる「雪のお祝い」 2月誕生会

2018 年 2 月 8 日 コメントはありません

 先日の大雪もすっかり融けて、今日は何となく春を感じる1日になりました。新河岸川の土手に行くと、いぬふぐりなどの小さな花を見つけることもできます。
A今回の誕生会は4歳、5歳が合同で先生たちの劇を観ました。演目は「どろぼうがっこう」、顔が白っぽい「くまさか先生」(左)と少し頼りない生徒たち(右)のやり取りに子どもたちも大笑いでした。
A今年度の誕生会は、今日を入れてあと2回なので、みんなの楽しい思い出になるように、先生たちも演技に力が入ります。
A2歳児と年少組の誕生会は、「てぶくろ」の劇でした。              (特集記事)

カテゴリー: 保育 タグ:

「お父さんと遊ぼう冬のあそび」中止のお知らせ

2018 年 1 月 25 日 Comments off

1月28日(日)に予定していた「お父さんと遊ぼう冬のあそび」(保育生協主催)は、先日の大雪による道路の凍結、会場となる新河岸川の土手や「子どものその」の園庭などの状況、参加者の安全などを考え、残念ですが中止とします。楽しみにしていたみなさん、申し訳ありません。

カテゴリー: 卒園生, 父母の参加 タグ:

1月23日うさぎの広場は中止です

2018 年 1 月 22 日 Comments off

  1月23日(火)予定していたうさぎの広場は、大雪のため中止とします。

来月は2月20日に実施します。お楽しみに。

(写真は22日1時半ごろの園の様子です)

カテゴリー: うさぎの広場 タグ:

みんなで作り上げた人形劇 

2017 年 12 月 28 日 Comments off

A年長組の人形劇づくりは、12月2日「保育参観人形劇」で家族に観てもらいました。午前中にぞう組、きりん組、そして午後にらいおん組が演じました。
Aちょっと緊張した表情で舞台裏に入る子どもたち。でも、本番はやはり違います。音を立てずにそーっと入ってきて、先生の周りに集まり、みんなの気持ちが一つになっていました。
A「人形劇が始まるよー」の大きな声とともに幕が開き、人形が動き始めました。人形の可愛いしぐさや楽しいセリフに客席が反応すると、舞台裏で演じている子どもたちも「やった」という感じで、ますます人形劇の楽しさにのめりこんでいきました。
A劇が終わると、最後の自己紹介。幕から出るときはどきどきして、ちょっと小走りになる子も。終わって幕の裏に戻ると「あー緊張したー」などといいながら、安心して友達に抱きついたり、床に寝そべったりしていました。最後にみんなで並んであいさつ。胸を張って、人形を高く上げてみせていました(写真はぞう組)。長い長い取り組みを終えて、大きな達成感と自信が育っています。
続きを読む…

カテゴリー: 保育, 5才児 タグ:

人形を手にはめ、いよいよ練習だ

2017 年 11 月 22 日 Comments off


A紙ねんどから作りから始まった人形がついに完成し、クラスでの練習が始まりました。
A自分が苦労して作った人形を手にはめると、みんなうれしくて小さい組に持って行って見せたり、友達同士で即興のやり取りをしてみたり、人形劇への期待がますます高まります。今はクラスごとに物干しざおで簡易の舞台を作って練習していますが、来週からはホールの舞台で本格的な練習が始まり、小さいクラスにもお客さんになってもらいます。
A年長組は今、わくわくどきどきの連続です。
続きを読む…

カテゴリー: 保育, 5才児 タグ:

先生たちも楽しく劇ごっこ 11月誕生会「くだもののお祝い」

2017 年 11 月 16 日 Comments off


園庭の銀杏が黄色く色づき、となりのヒメリンゴの木の赤い実もいっそう色鮮やかになってきました。
11月の誕生会は「くだもののお祝い」です。
今、各クラスではいろんな楽しい経験をもとに、ごっこあそびが盛んです。そんな時期に合わせて今回の出し物も少しごっこ風にアレンジして、先生たちが演じていました。写真は、2・3歳児の誕生会の出し物、「おおきなかぶ」です。子どもたちも普段から絵本やごっこあそびで親しんでいるお話です。先生たちがおじいさんやおばあさん、動物になりきって楽しそうに演じています。かぶ役の先生も動かずに表情で熱演していました。こういうお芝居を観るとすぐにまねしてやりたくなるのがそのの子どもたちです。これからますますごっこあそびが楽しくなるでしょう。
今回の誕生会では、年中組は「からすのお菓子屋さん」、年長組は「ねずみのすもう」の人間劇でした。
(特集記事)

カテゴリー: 保育 タグ:

そのでみかん狩り

2017 年 11 月 2 日 Comments off

 子どものそのの保育部前のみかんが今年はたくさんなって、きれいに色づきました。保育園が開園するときに植えたものですから、5年目で初収穫です。
たくさんなったとはいえ、数に限りがあるので、年長組は各クラスに6個、年中組は5個、年少組は4個・・・とあらかじめ決めて、クラスごとに収穫に行きました。「どれがいいかなー」「こっちがおいしそう」と選ぶのも真剣。先生がハサミで切った後、みんなで分け合って味わいました。
Aもぎたてなので皮をむくだけでもさわやかな香りが漂ってきます。お腹一杯食べるというわけにはいきませんが、みんなの口に何房ずつか入りました。結構甘くて、みんなにっこりしながら食べていました。
A子どものそのの園内には、みかんの他にもヒメリンゴやブドウ、ビワなど、果物の木が何本かあり、みんなでその季節がくるのを楽しみにしています。
続きを読む…

年長組は人形劇の制作中

2017 年 10 月 31 日 Comments off


年長組の人形劇づくりが始まりました。最初は人形劇の題材を決める話し合いから。自分のやりたいお話を考えたり、みんなの前で意見を言ったりしながら、時にはごっこ遊びで演じてみてこのお話は人形劇になりそうかどうかを試したりしました。お互いに主張を譲らない場面もありましたが、最後はみんな納得して一つの作品に決まりました。
Aきりん組は「したきりすずめ」、らいおん組は「どろぼうがっこう」、ぞう組は「おおかみと七ひきのこやぎ」です。
Aそして人形作りへ。写真は習字に使う半紙(和紙)をちぎっているところで、これを材料に紙ねんどを作ります。大量の和紙をびりびりとやぶいていく作業は楽しそうです。そして、これを水に浸して数日間、寝かしておきました。
続きを読む…

カテゴリー: 保育, 5才児 タグ:

お母さんたちの人形劇を観て、ますますやる気に

2017 年 10 月 26 日 Comments off


 25日、年長組はお母さんたち人形劇サークルのミニ公演を見せてもらいました。
 今回の公演は、いつもの楽しい人形劇の他に、年長組限定の特別な内容が用意されていました。人形の動かし方や声の出し方など、人形劇を演じるための大事な技でした。これから人形劇を作る子どもたちは、みんな真剣に聞いて、さっそく指の形を真似してみたり、発声練習をしたりしました。その後は、お母さんたちの練習した「まんまるぱん」の劇を観て、お話の世界に引き込まれていました。写真は、カーテンコールの場面です。
 年長組は今、何の人形劇にするか各クラスで話し合っているところです。お母さんたちの人形劇を観て、子どもたちはますますやる気がわいてきた様子です。
続きを読む…

カテゴリー: 保育, 5才児 タグ:

かわいい動物たちに会えたね   年中組野外保育

2017 年 10 月 25 日 Comments off

A台風の去った後の晴天の中、幼稚部の年中組は高坂子ども動物公園へ野外保育(遠足)に行きました。バスの中では、先生の出す動物クイズに『はい はい!』と元気に答えていました。
A動物園に着くと、かわいい牛の赤ちゃんやプレーリードック、レッサーパンダ、ペンギン、きりんなど見て大喜びの子ども達。『かわいい~』という声があちこちで挙がりました。また、運よく放し飼いのマーラも見る事が出来るクラスもありました。
A中には、『来たことがある~』と言う子もいましたが、クラスの友だちと見る動物たちは、楽しさも違ってくるのではないかと思います。お昼には愛情たっぷりのお弁当を食べ、大満足の一日になった子ども達でした。きっとクラスみんなで楽しい行事を経験した事で、よりクラスの仲間意識も深まったように思います。 (文:山下)

続きを読む…

カテゴリー: 保育, 4才児 タグ: