アーカイブ

‘父母の参加’ カテゴリーのアーカイブ

猛暑をものともせず夏まつりを盛大に開催

2017 年 7 月 19 日 Comments off

認定こども園の認可を受けて2年目の夏、7月15日は猛暑でしたね。その暑さをものともせず、伝統の「夏まつり」が盛大に開かれました。
ゆかた姿のかわいい園児たちはもちろん、オープニングの4時半には卒園生やその家族を含めて、参加者がいっぱいでした。まずは舞台を囲んで「かっぱのまつり」を踊りました。
それからお店が開くと、猛暑だけに「かき氷」や「ジュース・アイス」のコーナーは長蛇の列が出来ました。懐かしい顔におしゃべりに花が咲き、生ビールを飲んだり食べたりで、みんな楽しそう。
7時半を過ぎて、高畑博ふじみ野市長が舞台から、「子どものそのに学びながら、子どもを大事にする市政に尽力する」とあいさつされました。最後は恒例の花火を楽しんで、8時過ぎに幕を閉じました。

カテゴリー: 父母の参加 タグ:

雨の中、夏まつりのやぐらを建てました

2017 年 7 月 2 日 Comments off

6月30日の年長組合宿が明けて、子どもたちが重いリュックを背負あって帰途に就くころ、夏まつりのやぐら建てにお父さんたちが続々と集まってきました。
保育生協の理事さん、お父さんボランティア、それに職員有志、鉄パイプを運び出すころはあいにく雨が降り出しました。「この程度の雨」と軽い気持ちで始めましたが、途中で作業を中断するほどの降り方でした。
参加者の中に4人もの本職の大工さんがいたので大助かり、理事の佐藤棟梁をカシラに、みんな濡れながら一生懸命作業しました。作業を中断した後、小降りになると、床板を張るところまでと区切りを決めて再開しました。
続きを読む…

カテゴリー: 父母の参加 タグ:

憧れの人形劇、やったよ! 万雷の拍手を浴びて

2016 年 12 月 5 日 Comments off

  1カ月余りの活動を積み重ねて創り上げた年長組の人形劇が、12月3日、たくさんの父母たちに公開されました。
和紙をちぎって水につけ、フノリと煮て紙粘土を作ったのを手はじめに、人形、大道具・小道具、セリフなどをすべて手作りで準備しました。それはクラス全員が主人公となった「話し合い活動」に支えられたものでした。小さい組のときから絵本の読み聞かせに耳を傾け、仲間と無数のごっこ遊びを重ねた体験が実を結んだものでもありました。
劇が終わって、一人ひとり「〇〇役をやった……です」と自己紹介をする子どもたちの達成感と自信に満ちた姿に、万雷の拍手が送られました。自然の中で、友だちとぶつかり合って遊びながら、人とつながって活動する喜びや知性を育てた子どもたち、がんばったね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 父母の参加, 5才児 タグ:

苗間保育園が着工、来春4月には開園

2016 年 11 月 8 日 Comments off

子どものその苗間保育園が本格的に工事にかかりました。10月に近くの160座席の集会室で行った説明会は超満員、苗間地域の保育園不足の深刻さと、長い歴史をもつ「子どものその」への期待の大きさが痛感されました。期待に応えて子どもたちがのびのびと遊べる保育園を実現したいものです。

カテゴリー: 父母の参加 タグ:

初の秋まつり&バザー、大盛況・大成功でした

2016 年 11 月 1 日 Comments off

  秋まつり&バザーは、ちょっと寒い日でしたが、たくさんのお客様を迎えて、楽しく盛大に行われました。
  昨年まで「親子そのまつり」と「大バザール」として歴史を重ねた二つの行事をひとつにした初めての催しです。保護者主体の行事をひとつにまとめたのは、働くお母さんの比率が増えてきたので、負担を軽減する必要を感じたからでした。また、従来は保育生協は班単位で、保育園はクラス単位で参加する形を、認定こども園にふさわしく「クラス単位」に一本化しました。
 初めての試みでしたが、父母と職員が一体となって「子どものそのを支えていく」という考え方は貫かれました。しかも、大変といえば大変でしたが、みんな笑顔でがんばれたのではないでしょうか。
 卒園生やその家族のみなさん、地域のみなさん、ご参加・ご協力ありがとうございました。

カテゴリー: 父母の参加 タグ:

小雨の中で運動会。ご協力ありがとうございました。

2016 年 10 月 9 日 Comments off

子どものその第52回運動会は雨の予報もあるなかでしたが、やる気満々の子どもたちの気持ちを考え、なんとかやりきれるかと定刻にスタートしましたが、途中から雨足が
だんだん強くなり、子どもたちの競技3種目を残したまま、繰り上げて年長組の力強い「ソーラン節」で締めくくりました。午後の卒園生や父母の競技を楽しみにして下さった方、
おいしいお弁当を用意して下さったのに、申し訳ありませんでした。途中から小雨が降り出したのに、子どもたちは元気いっぱい、普段の姿でがんばってくれました。最後の
年長組「ソーラン節」には暖かい大きな拍手をいただき、とてもうれしかったです。
後片付けも雨の中を最後までがんばっていただき、厚くお礼申しあげます。いつも本当にありがとうございます。

カテゴリー: 父母の参加 タグ:

雨のため運動会の午後の部は中止です。

2016 年 10 月 8 日 Comments off

 みんなで楽しみにしていた運動会。小雨交じりの中行いました。しかし雨はひどくなるばかりなので一部の競技を中止し年長のソーラン節で終了しました。午後の卒園生や大人、未就園児の競技は中止させていただきます。残念ですが、ご理解のほどよろしくお願いします。

カテゴリー: 卒園生, 父母の参加 タグ:

キャンプ(初心者キャンプセミナー)中止のお知らせ

2016 年 8 月 20 日 Comments off

 楽しみにしていたキャンプですが、この天候なので相談のうえ中止とさせていただきます。

川の増水と台風の影響で今後さらに天候の悪化が予想されること、夕方からは落雷の危険も大きいこと、

キャンプ場までの道のりも通常と違う状態が考えられます。

小さい子どもたちの参加するキャンプなのでまずは安全第一など様々な点からの決定です。

いろいろ準備をして楽しみに待っていただけに残念ですが、ご理解のほどよろしくお願い致します。

 園からはすでに緊急一斉メールで中止のお知らせしています。

登録がまだの方は、ぜひこの機会に登録をしていただきますようにお願い致します。

                         子どものその

カテゴリー: 父母の参加 タグ:

園庭にあふれる参加者、卒園生家族も夏まつりを楽しむ

2016 年 7 月 18 日 Comments off

終日曇りという予報だったのに朝から陽がさして、夏まつりは7月16日午後4時半、天候の心配なく開会しました。オープニングは在園の子どもたちの「かっぱのまつり」の踊りです。やぐらのまわりで踊る子どもたちのゆかた姿をスマホが追いかけていました。
間もなく模擬店が開店すると、たちまち駄菓子売り場、やきとり、やきそば、かき氷、ヨーヨー・パンチボールなどには長蛇の列、ビヤホール、飲物、フランクフルト、カレーライスなどもお客さんがいっぱいでした。
子どものそのの夏まつりは1978年に第1回を行ない、今年は39回目に当たるでしょうか。1965年に一軒いくらと資金を出し合って、市民の手で「わが子」のための幼児施設を作ったのですが、10余年をへて、子どものそのは「わが子のための園」から「地域社会になくてはならない園」に発展したと、1977年の保育生協総会で確認しました。そして「その」を支えて下さる市民と一夜を楽しく交流しようと夏まつりが始まったのでした。
今年は「息子が20歳になった記念に家族できました」、「あの手数をかけた子が社会人になったのですよ」と古い父母のみなさんがたくさん参加して下さいました。卒園生も中学・高校生はもとより、父・母となった人もずいぶん参加してくださいました。
たくさんの参加者を迎えて、父母のみなさんと職員も準備からまつり本番、後片付けに奮闘して、「その」の底力を発揮してくれました。お疲れさまでした。
この夏まつりに高畑ふじみ野市長も駆けつけて祝辞を下さいました。
能登理事長は、閉会のあいさつの中で「子どものそのはいま、市内の旧大井町地域の一角に新しい『子どものその保育園』を計画しています。みんなの宝物である子どものそのの保育を、さらにひろげていきましょうひろげていきましょう」と訴えました。この後、心のこもった仕掛け花火や打ち上げ花火を楽しんで、夏まつりは終わりました。

カテゴリー: 父母の参加 タグ:

ひこいち凧づくりに親子で格闘。難しかったけど完成したよ。

2016 年 3 月 28 日 Comments off

 保育生協の事業委員会が卒園生を対象とした「のとさんの工作教室」は、三月二十七日第三回を迎え、全長1メートルを超える大型凧「ひこいち凧」づくりに挑戦しました。
大きいだけでなく竹と糸を使った骨組みが結構難しく、手伝うお父さんやお母さんも悪戦苦闘していました。根気よく3時間がんばって完成したときには親子でホッと一息。それだけに挑戦した子どもたちの達成感は大きなものがあったでしょう。
続きを読む…

カテゴリー: 父母の参加 タグ: