アーカイブ

2015 年 5 月 のアーカイブ

若葉の季節に「はっぱのお祝い」 5月の誕生会

2015 年 5 月 26 日 Comments off

園庭では若葉が茂り、日差しもだんだん強くなってきて、本格的な夏が近づいてきました。そんな日にちょうどぴったりの「はっぱのお祝い」です。
ちょっとした小物で先生が変身!!!
すると、子どもたちは大喜びです。写真は、小野寺先生が風呂敷をつかって、頭にねじり鉢巻き「へい、いらっしゃい。野菜が安いよー」と演技をしているところです。そんな八百屋さんも今は珍しくなりましたが、子どもたちから「やおやさん」の声があがりました。最後に風呂敷はお母さんのエプロンにもなりました。
毎回、誕生会では先生たちのお芝居の他にも、司会の先生の個人技がとびだし、それが楽しみの一つにもなっています。
2,3歳は今のところ、幼稚部、保育部別々に集まっています。幼稚部は風呂敷を使った先生の変身術、保育部は「はらぺこあおむし」のぬいぐるみを使ったお話でした。4歳は、幼保一緒に集まり、「ゆかいなカエル」のペープサートを観ました。5歳は先生たちの人間劇「さんびきのこぶた」でした。    (特集記事)

カテゴリー: 保育 タグ:

「やっほー、おかあさーん!!」年長組山登り

2015 年 5 月 21 日 Comments off

 20日は天気にも恵まれ、汗をかきつつ年長組は金勝山に行ってきました。

休む子は一人もなく全員参加。そのことがとてもうれしいですね。こんなめったにできない体験は、クラスみんなで参加したいですから。東武竹沢駅からバスを降りきりんぐみを先頭に登っていきました。去年ほどではありませんが、野イチゴはたくさん生っていて、みんなで味見ができました。

でも、沼に近づくにつれ、涙ぐむ子、震える子、いやだよーと叫ぶ子・・・各クラスとも作戦を立てていましたから、友だち同士励まし合っていました。沼を進んでいくとやはり、出ました!沼の主。「それっ、にげろー」の声に全力で走りました。最後のくま組は、パニックで逆走する子も出て、驚きましたが何とかつかまらずに通過できました。良かった良かった!その後は、急坂をどんどんのぼり頂上に着いたときほっとした笑顔がかわいかったですよ。てっぺんから「おかあさーん」って叫んだの聞こえたかなあ。

美味しい手作りお弁当を食べて、野イチゴを摘んだり、探検したりして過ごしました。

「ちょっと怖かったけど楽しかったなあ」と子どもたち。みんな頑張ったね。

カテゴリー: 保育, 5才児 タグ:

認定子ども園認可記念、厚労省朝川保育課長の公演会開く

2015 年 5 月 3 日 Comments off


認定子ども園の認可を受けられたことを喜んで下さった厚生労働省の朝川知昭保育課長と、文部科学省幼児教育課林俊宏企画官が4月25日、子どものそのに来訪されました。朝川課長は子どもの園を見学された後、新しい保育制度について国の意図と内容を詳しく講演されました。
急な企画だったにもかかわらず午後3時からの講演会には、他の保育園や幼稚園の園長さんはじめ卒園生や在園児の父母ら50人余りが参加して下さり、高野園長の司会で、石原副園長が開会のあいさつを述べ、参加者からも熱心な質疑応答がありました。
最後に能登理事長が、幼保連携型認定子ども園になって、保育料が所得に応じた額となり、平均して無認可時代よりも1カ月1万円以上軽減されたことを報告、「認可を求めて30年余も苦労したが、それは保護者負担を軽減し、保育者の労働条件を改善したいためだった。その二つが前進して、こんな嬉しいことはない。それを力に、50年培った保育内容をさらに前進させたい」と決意を述べました。(写真:上=朝川課長の公演 右=林企画官のあいさつ)

カテゴリー: 父母の参加 タグ:

鯉のぼりはためいて、全園児で子どもの日のお祝い

2015 年 5 月 3 日 Comments off

5月1日、認定子ども園になって初めて、幼稚部と保育部の全園児330人余りが園庭に勢ぞろいしました。
子どもの日のお祝いは、保育部の井出先生、川崎先生の司会で、まずは「鯉のぼりの歌」の合唱から。みんな歌えたかな。少し暑かったので、0歳児から2歳児まで(ひよこ組みも)キンモクセイの大木の蔭に席をとりました。大きい組が順番に元気よく「リズム運動」を見せてくれました。それから秘かに用意していた手作りの鯉のぼりを、待ち受ける小さい組の一人ひとりにプレゼントしてくれました。
0歳児と1歳児が部屋に戻ってから、2歳児以上はおいしい柏餅を食べました。このごろはアンコの苦手な子もいますが、これから一年、元気に過ごそうね。

カテゴリー: 保育 タグ: