アーカイブ

2015 年 6 月 のアーカイブ

夏は子どもの季節 ワーイ!プール開きだ

2015 年 6 月 27 日 Comments off

6月26日、曇り空でしたが、気温が高く蒸し暑い陽気だったので、予定通りプール開きをしました。
2歳児、3歳児、4歳児と3回に分けて、プールサイドを囲んで陣取ると、年長組がまずプールに入って、園長のギターに合わせて「もぐらのまつり」や「かっぱのまつり」を歌って踊りました。年長は洋服のままなので水しぶきでぬれましたが、これからのプールの無事を祈って、元気いっぱいに踊りました。
それから小さい組はプールに入って泳ぐというか、水遊びを思いっきり楽しみました。
「順番だから帰るよ」といくら声をかけても、もっともっととシャワーに来ない子たちがたくさんいました。3組の小さい組が終わった後、今度は大きい組がたっぷり遊びました。
一方、保育部の0歳児と1歳児は、テラスのプールにサカナを浮かべて水遊びを楽しみました。水が冷たいので、ちょっぴりお湯を入れていました。サカナと一緒に泳ぎたい子もいたようです。

カテゴリー: 保育 タグ:

♪あめあめふれふれ~♪『雨のお祝い』

2015 年 6 月 18 日 Comments off

  空梅雨かと思うほど暑い日が続きましたが、昨日の誕生会ではまるで祝うように少し雨が降りました。子どもたちは「あめのおいわいだね~」と空を見上げてつぶやいていました。0歳児と1歳児はきんぎょの部屋に集まりお祝い。「なにたべてきたの」のパネルシアターをみんなで見ましたよ。2歳児と3歳児は今月から保育部幼稚部合同の誕生会です。人数が多いので少し心配していたのですが、子どもたちは落ち着いて参加していました。先生たちの出し物は「もりのおふろ」という人形劇。森にあるお風呂にいろいろな動物がやってきてみんなでのんびり入っていく楽しいお話です。自分の先生がぬいぐるみ人形で動物を演じるのがうれしかったようで、にこにこしながら見てましたよ。年中組は、ばった組に集合。司会の吉原先生がかわいい指人形で「りんごかくしたのだあれ」を見せてくれたあと、人間劇『3匹のやぎのがらがらどん』です。おおやぎの福本先生とトロルの吉原先生の戦いは、4月の年長組とはまた違った戦いぶりでおもしろく、子どもたちも声援を送っていましたよ。(写真はその様子です)

年長組はホールでやはり人間劇「おたまじゃくしの101ちゃん」です。ホール全体を使っていちべえぬまの世界で繰り広げられる楽しい劇に大笑いの子どもたちでした。楽しかったね。6月の誕生日のみんなおめでとう!!特集記事

カテゴリー: 保育 タグ:

お母さん人形劇の新学期公演 “面白かったァ”

2015 年 6 月 4 日 Comments off

6月3日(水)入園、進級おめでとうの気持ちを込めて、新学期公演をホールにて行いました。
1回目公演は、0~3歳までの子どもたちへ。初めて人形劇を観る子が多いので、少しドキドキ。オープニング曲が終わり、司会者がクラスのお名前を呼んで行くと…。すみれさんが来ていない。すみれさん、ごめんね~。ここまでは、リハーサルということで、再度、オープニング曲からのスタート。再び手袋が出ると、ゲラゲラ大笑いの子どもたちで、一気に緊張がほぐれました。
2回目公演は、進級の子どもたちの多い4、5歳の子どもたち。ホールに入るなりBGMに合わせて大熱唱! オープニング曲も元気いっぱいに歌ってくれました。今年も特別ゲストをお呼びし、生演奏でのリズムとなりました。かっこいい歌のお兄さんと、かわいいピアノのお姉さん♡ 正体は…。お子さんにどうぞ聞いてみてくださいね。
人形劇「ねずみくんのチョッキ」は、動物のテーマ曲に合わせて動物が出てくるリズム劇。個性ある動物が登場するたびに、大笑いの子どもたちでした。「ちょっときついが似合うかな?」の問いには、「似合わな~い!」と、大きな答えが返ってきました。みんなの歌声と、かわいい掛け声に、とっても楽しい公演となりました。みんな~ありがとう!
(新学期公演を終えて。お母さん人形劇サークル 山﨑)

カテゴリー: 父母の参加 タグ:

「頑張って歩くよー」・・・お父さんも頑張った!!

2015 年 6 月 3 日 Comments off

心配された天気も上々で、無事「お父さんと山登り」ができました(5月31日)。今年は、大高取山です。1班と2班合わせて、450名の親子が挑戦しました。初参加のお父さんの中には、想像以上のきつい山道に驚いた方もいました。 年少組のお父さん達は、ぐずる我が子に根気よく付き合っていましたね。「もうあるけないよー!」「おかあさーん」「だっこしてよー」と大声で泣き叫ぶ子どもに負けず、「大丈夫大丈夫」「もう少しでお弁当だよ」・・・と励まし続けていました。 これが年中組になると、「だっこ」も言わず一生懸命登った子どもが多かったですね。中には運動不足のお父さんが急坂にへばっていると「パパ頑張れ」と励ますゆとりの子どももいたそうです。子どもの優しさや成長ぶりに「じーんときました」と感想を寄せてくださいました。普段から散歩や庭を駆け回って遊んでいるからでしょう。体力がついているんですね。今年苦労したお父さんたちもきっと来年は、子どもたちの成長を感じることでしょう。楽しみにしていてくださいね。野イチゴを見つけて食べたり、鳥の鳴き声に聞きほれたり、ざわざわと木々を揺らして渡る風が気持ち良かったりと普段味わえない経験ができるのも「山のぼり」ならではです。是非来年も参加してくださいね。お父さんたちお疲れ様でした!!(お父さんの代わりに登ったお母さんもお疲れ様でした!)

カテゴリー: 父母の参加 タグ: