アーカイブ

2016 年 12 月 のアーカイブ

一緒に歌って…楽しくクリスマス・コンサート

2016 年 12 月 20 日 Comments off

子どものその恒例のクリスマス・コンサートが12月20日、斎藤奈巳さん、三村あゆみさんの二人を招いて開催されました。
最初は3歳以下の小さい子どもたち、美しいドレス姿のピアニストに「わあっ」と歓声を上げましたが、6曲の曲をおおむね静かに聴けました。「あわてんぼうのサンタクロース」は一緒に歌えた子も沢山いました。
二回目は年中組・年長組の7クラス。「くるみ割り人形のめどれー」に始まって楽しい8曲を、手拍子をとったり、一緒に歌ったりと楽しみました。石原先生も一緒に6手連弾で「エンターティナー」を演奏すると、」みんな大喜び。
演奏が終わっても、もっと聴いていたくて「アンコール!」の声がとどろくほどでした。
続きを読む…

カテゴリー: 保育 タグ:

ワクワク楽しいこといっぱいの12月、誕生会『火のお祝い』

2016 年 12 月 16 日 Comments off

 寒い日が続きますが、子どもたちは元気です。今どのクラスでもクリスマス制作が盛んで、自由あそびの時間も続きでいろいろ作って楽しんでいます。手作りの大きなツリーに飾るものを作っているのは、ひよこ組とすずめ組。「プレゼントを入れる靴下を作ろうよ」となり、色画用紙の靴下に穴をあけ、毛糸を通して飾りました。ちょっと難しいけれど頑張って作ってましたよ。サンタさんも喜んでくれるでしょう。3歳児は、紙の板にボンドでドングリや木の実、もみじにボタン、マカロニパスタなどなどいろいろな素材を使って、素敵にレイアウト。子どもって芸術家です。4歳児はクズのつるで作ったリースに赤や緑のリボンを結び、ドングリや赤い実、ボタン、綿などを飾りました。こちらも世界に一つの素敵なリースです。そして、5歳児は自分のクリスマスツリーを作りました!かたい色画用紙を苦労しながら折って、切ってモミの木を作り、そこに飾るサンタクロースと鐘を折り紙で作ります。なかなか難しいのですが、みんな最後まで頑張って作ってました。あとは自由に飾りましたが、とても素敵。持ち帰ったらぜひ飾ってあげてくださいね。

 さて、誕生会。クリスマスが近いことにワクワクしながら、みんなで集まってお祝いをしました。0,1歳児は川﨑先生の変身紙皿?「何に変身するかな」でわくわく。2歳から4歳児はホールに集合して、16mmの映画「ももたろう」と「ミッキーマウスのオバケ退治」を楽しみました。5歳児は、劇「おおどしの客」。大みそかにやってきたお客は、実は福の神。親切なおじいさんおばあさんに福がもたらされ、欲張りなおじいさんとおばあさんには貧乏神がやってきた、という民話です。先生たちの演技に思わず引き込まれた子どもたちでした。写真はその時のものです。そして誕生会も終わりというときに、保育生協の山中さんが手紙を届けてくれました。但し英語で書かれているのです。さて困った。先生たちがなんとかかんとか読むと、どうやらサンタクロースからの手紙のようです。そのやってくるという内容。もう大喜びの子どもたちでした。来週もワクワクドキドキの毎日になることでしょう。12月生まれのみんな、おめでとう!!特集記事

カテゴリー: 保育 タグ:

憧れの人形劇、やったよ! 万雷の拍手を浴びて

2016 年 12 月 5 日 Comments off

  1カ月余りの活動を積み重ねて創り上げた年長組の人形劇が、12月3日、たくさんの父母たちに公開されました。
和紙をちぎって水につけ、フノリと煮て紙粘土を作ったのを手はじめに、人形、大道具・小道具、セリフなどをすべて手作りで準備しました。それはクラス全員が主人公となった「話し合い活動」に支えられたものでした。小さい組のときから絵本の読み聞かせに耳を傾け、仲間と無数のごっこ遊びを重ねた体験が実を結んだものでもありました。
劇が終わって、一人ひとり「〇〇役をやった……です」と自己紹介をする子どもたちの達成感と自信に満ちた姿に、万雷の拍手が送られました。自然の中で、友だちとぶつかり合って遊びながら、人とつながって活動する喜びや知性を育てた子どもたち、がんばったね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 父母の参加, 5才児 タグ: