ホーム > 保育, 5才児 > 年長組みんなでがんばった山登り

年長組みんなでがんばった山登り

2017 年 5 月 27 日


5月24日、年長組は全員で小川町の金勝山に登りました。
この日は、曇り空で山登りには絶好の天候。なぜなら、沼に影が映らないから。
でもやっぱり、子どもの気配を感じたのか、沼の中からドッボーンと音がして、みんなであわてて逃げました。


幸い全員無事で、沼のそばを通り過ぎることができました。園長先生は、「様子をみてくる」と言って先に行ったきり行方不明でしたが、山道を登りだした途中で藪の中からひょっこりと現れました。どうやら、あわてて逃げて道に迷ったようです。
山の中では野イチゴが赤くなっていて、珍しい金の木イチゴもところどころにあって、みんなで分け合いながら食べて、山のてっぺんまで登り切りました。


お母さんに聞こえるように、大声で「やっほー」「おかあさーん」と叫びました。お家まで聞こえたでしょうか。
山道は結構険しく、下り坂も急で「かに歩き」で降りました。


子どもたちは最後まで元気で、お弁当を食べた後も、ロープを使って斜面を登ったり、探検したりしました。
今回は、Baby保育園の年長さくら組と一緒に、山登りを楽しみました。

カテゴリー: 保育, 5才児 タグ:
コメントは受け付けていません。