ホーム > 父母の参加 > 雨の中、夏まつりのやぐらを建てました

雨の中、夏まつりのやぐらを建てました

2017 年 7 月 2 日

6月30日の年長組合宿が明けて、子どもたちが重いリュックを背負あって帰途に就くころ、夏まつりのやぐら建てにお父さんたちが続々と集まってきました。
保育生協の理事さん、お父さんボランティア、それに職員有志、鉄パイプを運び出すころはあいにく雨が降り出しました。「この程度の雨」と軽い気持ちで始めましたが、途中で作業を中断するほどの降り方でした。
参加者の中に4人もの本職の大工さんがいたので大助かり、理事の佐藤棟梁をカシラに、みんな濡れながら一生懸命作業しました。作業を中断した後、小降りになると、床板を張るところまでと区切りを決めて再開しました。
でも、床ができれば上の段も、揺れ止めのはすかいもと、結局雨に濡れながら最後までやり遂げました。終わって、石原先生の熱いお茶のおいしかったこと。みなさん、お疲れ様。7月15日の夏まつりは天気になるといいですね。

カテゴリー: 父母の参加 タグ:
コメントは受け付けていません。