保育方針

2015 年 5 月 16 日

教育及び保育の内容に関する全体的な計画

  認定こども園子どものそのでは、幼保連携型認定こども園教育・保育要領並びに幼稚園教育要領、保育所保育指針を踏まえ、以下のような教育・保育の全体計画を掲げ、それをもとに具体的な指導計画を作成する。

 

 

保育理念

 

 

          豊かな自然:自然の中でのびのびと子どもを育てます
    あたたかな人間関係:大人との愛情と仲間の中で子どもを育てます
 ほんものの文化やあそび:豊かな文化やあそびの中で子どもを育てます
         地域とともに:園と家庭、地域がいっしょになって子どもを育てます
めざす子ども像
・友だちと思い切りあそび、自分の気持ちを素直に表現でき、人とつながって生きていく子ども
・失敗を恐れないで挑戦し、仲間とともに学び、その経験を活かす子ども
・あそびの中でからだを動かす楽しさがわかる子ども
・生活習慣を身につけ健康な生活ができる子ども 

 

各年度の目標および期の目標

 

0歳児

1歳児

2歳児

3歳児

4歳児

5歳児






大人が支えとなり安心して過ごす。一人ひとりの生活リズムを大切にし、あそびへの興味と健康なからだを育てる。 信頼できる大人のもとで安心して生活し、自我の芽生えを育てる。友だちと一緒にあそぶ楽しさ、喜びを育てる。 大人を支えにしながら、あそびや活動を友だちと一緒に楽しむ。 自分の思いを言葉で表現し、小集団であそべるようになる。 豊かな活動の中で友だちを意識し、友だち関係を広げる。 一人ひとりの力を集団の中で発揮し、仲間同士が認め合い、主体的に生活する。



一人ひとりの生活リズムを大切にし、新しい環境の中で安心してすごす。 信頼できる大人のもとで安心して生活できる。 先生との信頼関係ができ、安心して生活する。 新しい大人との信頼関係ができて、安心して生活ができる。 新しい生活に慣れ、楽しんであそべる。 集団の中で、一人ひとりが楽しんで活動する。



先生や友だちと関わったり、楽しい刺激をたくさんうける。 友だちと一緒にあそぶ楽しさを知る。 友だちと一緒を楽しむ。 自分の要求が出せて、友だちと一緒にあそぶ。 豊かな活動の中で、友だち関係を広げる。 考えて行動する力をつけ、仲間意識を育てる。



積極的にいろんな人と関わり、好きなあそびをたくさんする 友だちとふれあい、大人の支えで相手にも思いがあることに気づく あそびや活動を友だちと楽しむ 身の回りのことができる4~5人の集団で楽しくあそぶ クラスの友だちのことがわかり、ともに生活する中で一人ひとりの自立心を伸ばす 一人ひとりの力を集団生活の中で発揮し、主体的に生活する

 

コメントは受け付けていません。